上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏来る。

まった?り?としていた、休日の朝…






DSCF2242.jpg
なにもかもがクリアに鮮明に見える夏の空。
暑いけど、気持いいし!
さぁ、掃除、洗濯、猫洗い!



しばし、

阿鼻叫喚。



DSCF2241.jpg

茶太は、久しぶりに。
小梅は、初めてでした。

どうなることかと、思いつつ。
茶太は情けない声で鳴いてましたが、
まあ大人しく洗われました。
風呂場の外では茶太の声に合わせる様に、
心配そうな小梅の鳴き声(笑)

続いて、小梅。
小梅もウチに連れて来られた当初恐怖に怯えていた頃の様な
叫び声で鳴いておりましたが、
これまた暴れる様な事はなくスムーズに洗わせました。

こちらも風呂場の外では茶太が心配して、
自分のとき以上に大きな声で小梅を助けるんだとばかりに
鳴いておりました(笑)


出てからは、2匹でぐるるんと鳴き合って
無事を確かめ合っているようでしたが…。

飼い主としては、
スッキリ男前度、別嬪度が上がった2にゃんに満足




スポンサーサイト
猫にもそれぞれ個性があり、
ニンゲンの都合の良い様には行かないですが、
出来れば、触られ好きな猫であってほしいもんです
たまにそういう猫を見ると羨ましい限りです。

茶太は基本、撫でる程度はいいですが、
ブラッシングも嫌がりますし、
あまりしつこく触られるのは嫌みたいで、
いつも30秒くらいは我慢してくれてる感じです。

こちらも心得ているので、それくらいで
解放する様にしてますが、
ホントはモフモフのお腹とか、肉球とか
触り放題したいところです

小梅は少し腰は引けつつ、
撫でるとにゃご、にゃご、ゴロゴロと喜んでいる様です。
まだ100%の信頼を勝ち得てない飼い主は、
これまたあまりやり過ぎないように遠慮気味に触っております。


DSCF2232.jpg
茶:ボクは、♂なので、自分から行く時はいいけど、
いきなり触られるのはあんまり好きじゃないのさ。
ま、飼い主には恩義があるからちょっと我慢して触らせてあげるけどね。

DSCF2229.jpg
茶:さ、脚くらい乗せてあげるよ。

飼い主:ははー!
茶太と路上で出逢い保護したのはちょうど1年前の今日でした。
ガリガリのボロ雑巾の様で、ぴーぴーと鳴き、
お世辞にもかわいいと言いがたい宇宙人みたいな仔猫でした。


保護直後
DSCF0690.jpg
現在5.7kg良く育ちました。
DSCF2214.jpg



捕獲された宇宙人
09.jpg
今やナイスガイ
10.jpg




いろいろあった1年だけど、
今はほんとうにかわいい男前の猫となりました。
振る舞いも落ち着きがでて来て、四六時中ハイテンションってのも
無くなり、生活のリズムも安定しています。



DSCF2208.jpg



これからも茶太と小梅とおばさんと
楽しく愉快に暮らして行けたらと
願ってます。

行き倒れ

ねこその1 バタッ。
c-01.jpg
c-02.jpg

ねこその2 パタッ。
k-01.jpg
k-02.jpg


蒸し暑くなると…猫があちこちで行き倒れてます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。