上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
茶太と小梅、
じゃれている時、茶太がちょっと力が強すぎて小梅かわいそうかな?
って思ったりもしてましたが、見ていると小梅も上手く反撃したり、
かわしたり、逃げたり、また上手く甘えたり、ごはんの時は、
ノラ時代の習性か毎回、茶太が食べようとする器に顔を突っ込んで
横取りしますが、茶太は大人しく譲ります。
なので、小梅用の器をまず茶太に与えて、横取りさせて、
茶太用の器を後から出して、茶太に与える。
という方法を取ってます(笑)

全体にはなんとなく、一枚上手は小梅かな?
って気がします。
このあたり、ニンゲンの男女と同じかも?。


DSCF1681.jpg

小梅と飼い主との距離は、確実にほんのちょっとずつ、
たとえば、ここ2?3日は背中もちょろっと撫でさせてくれたり、
ごはんの時、後ろを通ってもシャーって言わなくなったり
押し入れが住処だったのが、あまり入らなくなったりです。

どうやら、このおばさんは危害を加える事はなさそうだ。
というくらいのところまで来た様です。

小梅の母猫は子供達に「ニンゲンはエサは貰っても決して心許してはならぬ!」
とキツく教え込んでいる感じでしたので、今回保護するまで人に触られる事は
一度もなかっただろうと思われます。

なので、こうやって少しずつ、慣れてくれる過程というのも
またとっても楽しく嬉しい事ですね。

(いつの日か、抱っこ出来るかも?)って。ムフフ…(猫バカ)

DSCF1679.jpg
スポンサーサイト
猫の日にふさわし話なのでしょうか?笑
DSCF1658.jpg

パソコンをコタツからデスクへ移動したら早速膝の上に乗ってくる猫。
あの?重いんですけど…。コタツで寝てくれませんかねぇ?。





ところで、話は変わりますが、
小梅がやって来てから、
毎日のトイレ掃除で疑問?
思う事があります。

♂のうんこは臭いのか?

先代猫あずきの時はあんまり臭いと思いませんでした。

茶太を飼いだしてから
あら?こんなに臭かったかしら?

と思い、小梅のうんこを掃除してみても
やはりそんなに臭くありません。

けど、やっぱり茶太のうんこは臭いのです。

おしっこも臭い気がします。

マーキングをすることもあり、元々♂の排泄物は臭いもんなのでしょうか?
はて。

また、トイレと言えば、
性格とは反対で、
トイレマナーという意味では、
茶太はキレイ好きでブツはこんもり猫砂を山にして隠しますが、
小梅はシャッフルシャッフルで、後の掃除が大変です、、、

猫の個性もいろんなところに癖があって
比べると面白いもんです。

茶 ザーリザーリ…「小梅、気持ちいいだろ?」
DSCF1668.jpg
小 ゴロゴロゴロ… 「うーん」


茶 「と、見せかけて、」ガブっ!
DSCF1667.jpg
小 「ぐっ!」

茶 ガブガブ??!
DSCF1669.jpg
小 「きゃっ!ヤメて?!」ケリケリッ…

茶 「な、なんだよ。なめてやってるじゃん」ザーリ、ザーリ…
DSCF1670.jpg
小 「…どうなんだか…」


というような攻防が日々何度となく繰り返されています。
新しいモフモフの猫じゃらしに異常興奮の茶太坊

見よ、この食いつき具合。

「ウゥ???」フガフガッ
DSCF1649.jpg

グググィーーッ!
DSCF1650.jpg

茶太坊と猫じゃらしで遊んでも一日でボロボロになります(; ̄□ ̄)




一方、一日毎に距離を縮めている小梅嬢
手にジャレるほどになりました。
(けど、まだお食事中、不意に後ろを通ると、シャー!と言われてしまいます?)

(クンクン)
DSCF1653.jpg

チョイチョイ…
DSCF1654.jpg

甘噛みもしますが、茶太と比べてなんと可愛らしい噛み方でしょう。
女の子ですね?。全てが可愛い気がします(^^)
小梅ちゃぁ~ん。
小梅ちゃぁ~ん。
いくら柄にも無く可愛い声で呼んでもそうそうたやすく慣れてくれません。
(ま、いいか。茶太と相性よさそうやし)と思い直してます。
そのうち、腕の中でゴロゴロ言ってくれる日が来るでしょう。

押し入れが住処です。お昼間は殆ど寝てます(^_^;)
夜中に茶太と走り回って遊んでます~。
DSCF1645.jpg

棚に登ったら正面におばさんが居てびっくり!






さて、小梅は以前にもこのブログに登場しているのです。
そう、実家の庭で育ったノラです。
お盆や年末年始に茶太を連れて実家へ帰ったとき、
小梅だけは、ずっとテラスの周辺で過ごし、茶太と窓越しに会話しているようでした。
小梅と茶太は丁度同じくらいに生まれたと思います。
茶太と出逢うタイミングが少し遅く先に実家の庭に仔猫が居る事を知ったら、
小梅とロシアンブルー風の姉妹を飼う事にしていたかもしれません。

メスでもありますから、春の発情期が心配で
なんとかしたいと思ってましたが、もう8〜9カ月となり早い方がいいと
1月の下旬にキャリーバッグを持って帰り、一番掴まえやすい
小梅から保護した訳です。
後の世話もあるので、大阪まで車ではるばる連れて来て、動物病院に連れ込み
避妊手術をしてもらいました。茶太の去勢手術をしてもらった信頼できる
獣医さんで、結局抜糸まで10日間預かってくれました。

先週の土曜日ようやく我が家へやって来ましたが、
怯えきって(私に?人間に。)この世の果てみたいな声で鳴き続けてました。
獣医さんも「人慣れしてないから飼うのは難しいかもしれん」と言ってました。

けど、ラッキーな事に
茶太と相性がいいのです。
初日から茶太と合わせてみましたが、スリスリと茶太にすり寄って
可愛い声で甘えてます。
おかげで、1日1日、落ち着きを取り戻し、
私が寝ているときには、こっそり布団の上で茶太と一緒に寝て
ゴロゴロ言ってました。

くくっ、かわいい。

徐々に近づいて行くのも楽しみです。

昨年の8月初旬初めて小梅を見た日
09_0806_01.jpg

昨年の8月中旬初めて二匹が会った日
DSCF1056_20100212202715.jpg


ロシアンブルーちゃんも気になりますが、
小梅よりもっと人慣れしてないので、保護するのが難しそうです。
縁があれば保護できるかも…と無理せずチャンスを待つ事にします。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。