上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
うとうと…
DSCF1271.jpg

よしよし
DSCF1272.jpg


DSCF1273.jpg

がぶっ!
DSCF1274.jpg

ガブ、ガブブブッ…
いててて…
DSCF1275.jpg

ふん!
やれやれ…
DSCF1276.jpg


永久歯に生え変わり、
針のような犬歯は一回り太い永久歯になりましたが、
相変わらずがぶ公です。

少しだけ回数が減って来たかな?
ってところですぅ?(><)
スポンサーサイト
写真を整理していたら、
昔実家で飼っていた猫達の写真が出て来ました。
セピア色になりつつあったので、
補正してデータ化しました。


1970年撮影 ミー♂とタロー♀
(名前の付け方の安易なこと!♂も♀も関係ないね 笑)

実家を建築中に車の下に居たノラ仔猫だったミー。
家族には大人しいいい猫だったけど、
近所ではボスだったみたい…
あの頃は飼い猫も外へも自由に出ていたし、
去勢手術なんて一般的ではなかったです。
♂だったので、2年もしないうちに、
戻らず、居なくなってしまいました。

タローも賢い良い犬でした。



1979年撮影 チーコ♀
10年くらい一緒に暮らし溺愛した猫
祖母が知り合いから貰い手の無い余りの仔猫を
引き取ってきました。
chiiko.jpg

1976年撮影 ミーコ♂
船員だった父が海外で貰って来た猫。
肩乗り猫でしたね。
いつも控えめで大人しいチーコに比べ
♂っぽいやんちゃな猫でした。

1976_miiko.jpg

チーコとミーコの間に出来た仔猫達。
それぞれ運悪く、短命で残念でした。
チーコはこの子達が産まれてから避妊手術しました。
キーコ達


こうやって今まで私が出会った猫の♂と♀を比べると、
♀の方が飼いやすいというかおだやかで大人しかったです。
猫にハマったのはチーコ♀と出逢ったからだったし、
この子が人間でも大好きで友達になってただろうなと
思ったのは、あずき♀でした。

茶太は男の子ですね?。喜怒哀楽ははっきりしてて、単純で
分かりやすいけど、奥行きは無いって感じ(笑)
今は、その分かりやすさや単純さが可愛いと思えます。

結局、こうやって縁あって出逢い暮らす事になったら
皆、可愛くなるのでしょうね。




【今日の茶太】ごはん?!の顔
DSCF1260.jpg



キャットタワーのあるリビングにカーペットを敷く季節になりました。

DSCF1235.jpg

茶太!

ん?
DSCF1243.jpg


ちゃーた!

くるり なに?
DSCF1242.jpg

ちゃたぼぅー。

だから、なんなの?
DSCF1245.jpg

呼んでみただけ?。

ふーん。
DSCF1250.jpg
お、くるんって寝てる…。

スーピースーピ…
DSCF1232.jpg

DSCF1234.jpg

健やかに寝ている姿を見ると、
当たり前の事を思います。

茶太にとって、初めての秋、冬、春を迎えて行くんだなぁ…。
寒さには強いかな?どうかな?

涼しくなって来たので、1?2週間くらいまえから
タオルケットから薄手の布団に切り替えて寝ています。
早速、茶太坊
肩口から潜り込んで、留まるかと思いきや、もそもそ前進し脚元から
出て行きました。(おい!トンネル遊びかぃ。)
案の定、何度かそれを繰り返し、しまいに「コルァ!」と
叱られる茶太でした。

寝顔

白目をむいて、スースーを人間並みの寝息を立てて寝ています。
こうやってみると鼻が大きいのよね?。
その為かな?この寝息。

…立派な鼻やね。

DSCF1227.jpg




今日アタリは随分涼しく、膝寝率が高くなっております。
DSCF1231.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。